コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

脂肪腫

脂肪腫とは

脂肪腫は皮下組織に脂肪の塊のような腫瘤ができる良性の腫瘍です。
ワンちゃんの全身の皮下組織に発症し、発生部位によっては歩行困難など日常生活に支障が出ることもあります。

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、高齢のワンちゃんに多く発症する傾向があります。

症状

ワンちゃんの皮下組織に脂肪腫ができた場合、体表に柔らかなドーム上の腫瘤が触れます。ゆっくりと進行し、数年かけて大きくなることもあります。
また、体表から触れないような、お腹の中に脂肪腫ができる場合もまれにあります。

治療

外科的に摘出することによって完治しますが、脂肪腫の種類によってはまれに再発する場合があります。
脂肪腫の大きさや発生部位によっては摘出せず、そのまま経過を見る場合もあります。

予防

原因が不明なため、発症自体を予防することは困難です。日頃からワンちゃんの体をこまめに触ることを心がけ、「しこり」がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する