コメントを書く・読む

疥癬

疥癬とは

疥癬症は、ヒゼンダニというダニによって起こる皮膚病です。このヒゼンダニは皮膚にトンネルを作って寄生するため、激しい痒みや皮膚炎を起こします。鳥さんの中でも特にセキセイインコに見られますが、まれにオカメインコや文鳥にも見られます。同じケージに複数の鳥さんが同居している場合には、容易に他の鳥さんに感染してしまいます。
ワンちゃんやネコちゃんの疥癬と異なり、人への感染はないと言われています。

原因

トリヒゼンダニというダニが感染することで起こります。このダニは鳥さんの体を離れると生息が難しいといわれており、鳥さん同士の接触で広がります。

症状

鳥さんの疥癬では、くちばしや、その周囲、眼の周囲、脚、総排泄孔など羽の無い部分に、トリヒゼンダニが穿孔した無数の小さな穴が見られます。患部は肥厚し、白いフケのようなものが付着しているように見えます。また、強い痒みを伴う場合には、患部をしきりに止まり木やケージにこすりつけますが、ワンちゃんネコちゃんの疥癬と異なり、あまり痒みを感じない場合もあります。くちばしに感染すると、くちばしが脆弱化して変形し、伸びてしまうこともあります。また脚への感染が重度の場合、爪は変形して白く扁平になり、過長し、最後には脱落してしまうこともあります。

治療

内服薬や注射薬などの殺ダニ剤を投与して治療します。鳥さんが毛づくろいなどで直接口にすることのない頭部などには殺ダニ剤を直接塗布することもあります。
くちばしが重度に変形した場合には、定期的に整形する必要があります。
また、同居の鳥さんがいる場合には、症状が認められない場合でも後日発症したり、感染源となってしまうこともありますので、一緒に受診し、同時に治療をすることが大切です。

予防

日頃から飼育環境を清潔に整えるように心掛けましょう。
また新しい鳥さんを家に迎えるときには、疥癬の感染がないかなど事前に動物病院で健康チェックを受けていただくと安心です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する