コメントを書く・読む

痛風(つうふう)

痛風(つうふう)とは

痛風は尿酸が蓄積して起こる代謝疾患です。飼い鳥の中ではセキセイインコに多くみられます。

原因

鳥が食事から摂取したたんぱく質は代謝されて、最終的に老廃物として、尿酸が腎臓から尿中に排泄されます。何らかの理由でこの尿酸が身体の外に排泄されないことが原因で起こる病気が痛風です。尿酸が体外へうまく排泄できない要因として、「腎臓の排泄機能の低下」、「タンパク質の過剰摂取」、「ビタミン・ミネラルの過剰摂取や摂取不足」、「遺伝」、「水分不足」、「老齢」、「感染症」などがあげられます。

症状

痛風は内臓痛風と関節痛風の2つに分類されます。
内臓痛風は、尿酸の結晶が臓器に沈着するため、元気や食欲が無くなり突然死してしまいます。体内でおこる症状であるため発見が難しく、診断には血中尿酸値の上昇を確認します。
関節痛風は主に脚の関節に尿酸がたまり、「足をあげる」、「止まり木に上手く止まれない」などの症状が出てきます。症状が進行すると脚の関節が腫れ、関節部分に黄白色の隆起(尿酸結節)が見られるようになるとますます痛みが増し、「食欲や元気がない」、「羽を膨らます」などの全身症状が表れることもあります。

治療

高尿酸血症の改善のため尿酸生成抑制剤のアロプリノールや尿酸合成阻害剤プロベネシドなどの投与を行います。同時にビタミンAやミネラルや水分の投与を行うこともあります。

予防

治療が難しい病気ですので、日頃から栄養面、環境面での予防をしっかりすることが大切です。植物の種子だけでなく青菜を補給するなど、たんぱく質のとり過ぎに注意し、バランスのよい食事を与え、部屋に放鳥する際、異物や人の食べ物を食べないようにするようにしましょう。
また急な冷え込みに注意をするなど、生活環境を整えてあげることも大切です。
普段の止まり木に止まった様子、足の関節の様子など、日頃から鳥さんの様子をよく観察して、早期に発見するようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する