コメントを書く・読む

オウム類嘴(くちばし)羽毛病(PBFD)

オウム類嘴(くちばし)羽毛病(PBFD)とは

PBFDウイルスの感染により羽毛障害やくちばしの形成異常、免疫不全を起こすオウム・インコ類に認められる感染症です。
PBFDウイルスはサーコウイルス科(Circoviridae)に分類されていますので、サーコウィルス病ともいわれます。3歳頃までに罹患することが多いようです。

原因

PBFDウイルスは感染力が強く、感染した鳥さんの排泄物や分泌物、羽毛などが感染源となり、汚染された水などからの経口感染や空気感染が伝播ルートであると考えられています。

症状

オウム類嘴羽毛病(PBFD)は症状等により、甚急性型、急性型、慢性型に分けられます。
甚急性型は、ふ化したばかりのヒナで認められ、ほとんどの場合、症状が現れる前に死亡してしまいます。
急性型は14〜16週齢の幼若期にみられ、食欲不振、下痢、羽毛の異常、昏睡症状がみられます。
また、免疫力が低下するので、二次感染をおこしやすくなります。
慢性型は若鳥から成鳥の時期にみられ、羽毛の折れ、羽軸のよじれ、出血、羽根のくびれなどの羽毛障害が換羽ごとに進行します。いずれの型においても死亡率の高い感染症です。

治療

有効な治療法は未だ確立されていませんが、「症状に応じた対症療法を行うこと」、「飼育環境でストレスをなくすこと」、「二次感染に注意して飼育環境を衛生的に保つこと」などで羽毛障害の改善が見込まれます。

予防

ワクチンはないため「感染した鳥さんを隔離する」、「ケージを消毒する」などにより感染の広がりを防ぐようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する