コメントを書く・読む

毛引き症・自咬症

毛引き症・自咬症とは

鳥さんは羽をきれいに保つため毛づくろいをします。ところが、異常な羽があるなどで、この行動が過剰になると、羽を抜くばかりでなく、皮膚や肉が傷つくまでエスカレートしてしまうことがあります。自分の羽を引き抜いてしまうのが毛引き症、皮膚や肉をかじってしまうのが自咬症です。

原因

環境の変化などのストレス、退屈で周囲の気をひこうとしたりするなどの心因的なもの、ワクモ等のダニなどの外部寄生虫やヘキサミタなどの消化管内寄生虫、ウイルスの感染によるもの、栄養障害、皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害、外傷など、多くの原因が考えられるといわれています。

症状

一般的にくちばしが届く範囲での羽毛の引き抜きが見られます。また、皮膚を傷つけるため出血します。毛引き症の場合には頭部の羽毛は正常に生えそろっていることが多く、頭部の羽毛にも脱毛が見られるときには毛引き症ではない可能性があります。

治療

原因となる病気やケガの治療を行います。皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害が原因の場合にはビタミン剤や脂肪酸の投与を、寄生虫が原因の場合は駆除を行います。環境の変化等、ストレスとなっていることに心当たりがあれば、取り除いてあげましょう。飼い主さんの気を引くためにしているようであれば、ケージを不透明な板や紙などで覆い、飼い主さんの行動が見えないようにすることもあります。また、毛づくろいをしていてものぞき込まず、無視することで、羽毛の引き抜きを止めさせます。クセになっている場合には、気を紛らせるようにするとよいでしょう。精神安定剤やホルモン注射などを用いて内科的治療を行う場合もあります。自咬する場合、出血などにより命にかかわりますので、カラーをつけて防いだりします。

予防

日常生活の注意点としては、ビタミン等の不足が起こらないように食事管理に気をつけるとともに、ダニ等の感染が起こらないよう飼育環境に注意し、糞便検査などを定期的に行うことが必要です。また、飼い主さんへの強い依存が原因で毛引き症が起こっている場合には、鳥さんとの関係の改善が大切となってきます。羽づくろいを行なっているときには鳥さんを無視し、ストレスなどの解消のためにおもちゃなどを与えてあげることも予防につながります。ケージからネコさんの姿が見えないようにする、仲の悪い鳥さんとケージを分ける、構いすぎたり、構わなかったりの差ができないように、ある程度の距離をおいて接するなども大切でしょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する