コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

高脂血症

高脂血症とは

総コレステロール値とは、コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪とほぼ同義)を合計したものですが、高脂血症とは、血液中のコレステロールとトリグリセリドの両方、または一方の濃度が増加して高い値を示している状態をいいます。
コレステロールなどの脂質が血液中を運搬されるときは、蛋白質と結びついた状態(リポ蛋白)で運ばれますが、高脂血症は、リポ蛋白と結合ができず遊離した状態の脂質が増えたり、単独あるいは複数種のリポ蛋白が増えたりしている状態です。
なお、食後約10時間以内であれば、リポ蛋白のうちでも、腸から吸収され脂質を肝臓に輸送するカイロミクロンが血中に存在するのが正常な状態ですので、食後約10時間以内の値は生理的なものとして除外されますが、約12時間以上の絶食時にも高値を示している場合には何か原因がある可能性があります。

原因

食後約12時間が過ぎていても、高脂血症とされる値を示す場合には、脂質の代謝や運搬に何らかの障害があることが考えられます。高脂質血症は原因により大きく2つに分けられます。

・原発性(一次性)高脂血症
遺伝性や特発性(原因不明)によるものです。リポ蛋白リパーゼ(リポ蛋白を分解する酵素)の欠損や活性の低下などの代謝異常により起こります。ミニチュア・シュナウザーでは遺伝的にリポ蛋白の代謝の過程に欠損があるため、特発性高リポ蛋白血症を起こすことが報告されています。その他、シェットランド・シープドッグ、ビーグル、ドーベルマン・ピンシャーやロットワイラーなどでも特発性高脂血症が報告されています。
・続発性(二次性)高脂血症
糖尿病や肝疾患、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症、肥満などに続いて起こります。

症状

無症状の場合も多くありますが、嘔吐や下痢、食欲不振や腹痛などがみられる場合があります。また、続発性高脂血症の場合は、原因となる疾患によって症状が多様です。ヒトの場合、高脂血症が動脈硬化や心筋梗塞などの循環器科疾患を引き起こすことが知られていますが、ワンちゃんでは、その症例は比較的まれといわれています。しかしながら、高脂血症が重症化した場合、急性膵炎、角膜への脂質沈着、ブドウ膜炎などの眼科疾患、発作や末梢神経の麻痺、行動異常、黄色腫形成などを誘発することも示唆されており、注意が必要です。

治療

原因となる疾患等が判明した場合は、その治療を行います。
高脂血症のコントロールは、食物中の脂質を制限する食事療法が基本となります。また、抗高脂血症薬などの内服薬の投与を行う場合もあります。

予防

肥満にならないように注意をしましょう。また、低脂肪・高繊維食の給与、カロリーコントロールなどの食事管理や適度な運動が効果的

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する