コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

犬ブルセラ症

犬ブルセラ症とは

犬ブルセラ症はブルセラ・カニス(Brucella canis)という細菌によるワンちゃんとヒトとの共通感染症です。
2008年8月に名古屋市の動物取扱業者で犬ブルセラ症のヒトへの感染、2008年10月には関東の動物取扱業者でワンちゃんへの集団感染が報告されました。
ワンちゃんへの感染では明瞭な病的症状が見られることは少なく、女の子では早産や流産など、男の子では精巣炎や不妊などの症状を起こします。ブルセラ菌の感染力は弱く、通常の生活ではヒトへの感染はまれだといわれ、感染犬の流産時の汚物や尿などへの接触により、動物繁殖業者や獣医師が感染することが多いといわれています。また、ヒトからヒトへ感染することはないといわれています。

詳細は下記の環境省ホームページも合わせてご参照ください。
『人と動物の共通感染症に関するガイドライン』(P32-P33)

原因

ブルセラ菌 
Brucella canis (細菌)

感染経路

犬:感染犬の流産時の汚物や尿、乳汁等を介して経口感染する。また、交尾感染でも感染します。
ヒト:感染犬の死体や流産時の汚物などに接触して感染する。

症状

感染犬に明瞭な病的症状が見られることは少ない。そのため、以下の様な症状がみられてから、はじめて感染に気がつくことが多い。
雌犬:胎盤炎や早産、流産。まれに出産に至るが子犬はたいてい数日で死亡。 
雄犬:精巣炎や精巣上体炎、不妊。
ヒト:症状が現われない場合も多く、まれに発熱や悪寒、倦怠感など、風邪に似た症状を示す。

治療

現在、有効な治療法がなく、長期的な抗生物質の投与が一般的な治療となります。感染しているワンちゃんは、周りのワンちゃんと隔離して治療を行なう必要があります。

予防

犬ブルセラ症に対するワクチンはないため、下記のことに十分注意することが予防につながります。
・犬と接触した後は、石鹸等での手洗いとうがいを行う。
・流産した犬は獣医師の検診を受け、流産時の汚物や尿などへの接触は極力避ける。
(ゴム手袋やマスクを装着し、また、汚物等が付着した場所は、消毒剤などで消毒する。)
・犬の感染が判明した場合は健常犬と隔離する。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する