コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症とは

犬ジステンパーウイルスはヒトの麻疹(はしか)とよく似たウイルスで、強い伝染力をもった病気です。ワンちゃんは感染すると死亡率が高く、回復しても後遺症が残ることがあります。

原因

犬ジステンパーウイルスに感染することで起こる病気です。このウイルスに感染しているワンちゃんの鼻水、唾液、目やに、尿などに接触することで感染します。また、近距離では空気感染でも感染します。

症状

感染初期に発熱があり、一旦平熱に戻り成犬や免疫力の強いワンちゃんはそのまま治ってしまいますが、子犬ちゃんや免疫力の弱いワンちゃんは、再び発熱し、その際にくしゃみや鼻水、咳などの呼吸器症状、食欲不振や嘔吐、下痢などの消化器症状、他に結膜炎、白血球減少、体重減少などを起こします。その後さらに進行すると、ジステンパー脳炎を起こし、震え、けいれん発作、後躯麻痺のような神経症状を発症することがあります。また、鼻や肉球(パッド)の皮膚が硬くなる(ハードパッド)のもこの病気の特徴です。

治療

犬ジステンパーウィルスそのものを排除するような治療法はなく、症状により対処療法を行います。下痢をしている場合は下痢止め剤を投与したり、その他様々な症状に応じて抗生物質などを投与します。また、飼育管理を良好にし、食事療法を行い、ワンちゃん自身の免疫力を高めます。

予防

ワクチン接種で防げる病気です。ワクチン接種を受ける際には、接種時期や種類などについてかかりつけの動物病院にご相談ください。犬ジステンパーウイルスに感染しているワンちゃんがいる場合は、感染の蔓延を防ぐために感染しているワンちゃんを隔離し、環境(ケージや食器など)の消毒を行なうことが重要です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する