コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

肛門嚢アポクリン腺癌

肛門嚢アポクリン腺癌とは

ワンちゃんの肛門の左右には、肛門嚢(腺)という分泌物を貯める袋が一対あります。肛門嚢アポクリン腺癌は、この肛門嚢内のアポクリン腺から発生する腫瘍です。比較的高齢の女の子に多くみられ、悪性で転移しやすい腫瘍の一つです。

原因

発生の原因ははっきりとわかっていません。避妊済みのワンちゃんで発生が多いとの報告もありますが、性ホルモンとの明確な関連性は分かっていません。

症状

腫瘍が放出するホルモン様物質の影響で高カルシウム血症を起こすことがあります。これに伴い、食欲不振、体重減少、嘔吐、多飲多尿の症状がみられます。腰骨下リンパ節への転移が認められることがありますが、他の臓器への転移は、まれです。

治療

高カルシウム血症がある場合には、二次的に神経筋系、胃腸系、腎臓系および心臓系に障害が生じることがあるので、その症状の緩和のための治療を行います。腫瘍の外科的切除が有効ですが、加えて化学療法や放射線療法なども選択肢として挙げられます。

予防

発症原因がはっきりわからないため、発症自体を予防することは困難です。しかしながら、早期発見による早期治療が重要となりますので、定期的に検診を行いましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する