コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

パグ脳炎(壊死性髄膜脳炎)

パグ脳炎(壊死性髄膜脳炎)とは

大脳と髄膜の壊死性炎症(※)に起因した病気で、発作等の神経症状がみられます。パグに多く認められることからこの病名がついていますが、類似の症状がマルチーズ、ヨークシャー・テリアなどでも認められています。
※生きている動物の局所的な組織や細胞が死ぬことを壊死といい、この壊死した組織がさらに腐敗菌の感染を受け炎症が起きること。

原因

はっきりとした原因は分かっていませんが、ヘルペスウイルス等による感染や遺伝素因の関与が示唆されています。

症状

突然のけいれん発作が起こることで病気に気づくことが多いといわれています。
その他の症状としては、歩行困難や旋回運動、斜頸、壁などに頭を押しつける行動、性格の変化などがあります。また、失明や頸部の痛みを示す場合もあります。
症状は数週間以内に急速に進行するタイプと、数ヶ月にわたってゆっくり進行していくタイプがあります。後者のタイプでは、発作と発作の間は通常の状態に戻ることが多いといわれています。

治療

完治にいたるような効果的な治療法はありませんが、抗けいれん薬の投与により発作の頻度や程度が軽減できる場合があります。また、ステロイドが効果を示す場合もあります。
症状が進行するとこれらの治療は効果を示さなくなる場合があり、発作が重度になった場合は安楽死を選択するケースもあります。

予防

原因がはっきり分かっていない病気のため、予防をすることは困難です。早期発見、早期治療が重要になりますので、上述ような症状がみられた場合には早めに動物病院を受診しましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する