コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

変形性関節症

変形性関節症とは

変形性関節症は関節軟骨の変化により、痛みなどの症状があらわれる進行性の関節疾患です。
特に中高齢以上の大型犬に発生が多く、肘、肩、膝、股関節など様々な関節に起こります。

原因

加齢に伴って発生する原発性変形性関節症と、他の病気に起因して発生する続発性変形性関節症があります。
続発性変形性関節症の原因としては股関節形成不全や膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、肥満などがあり、関節の不安定や関節軟骨への異常な負荷が原因となって発生します。また、自己免疫性(自らの免疫機構を攻撃してしまう)に発生することもあります。

症状

変形性関節症を発症した関節周囲に、腫れや痛みなどの症状がおこります。四肢の関節に発生した場合は肢を痛がったり肢を引きずる(跛行)仕草や歩様の異常などがみられます。

治療

変形性関節症が他の骨や関節の病気などが原因となって起こっている場合は、その病気の外科的治療などを行いますが、加齢性で起こっている変形性関節症を完治させる治療法はなく、消炎鎮痛剤の投与やレーザー療法などによる痛みの管理が主な治療となります。また、自宅では体重管理や運動制限などのケアを行います。

予防

肥満は変形性関節症の発症原因となるため、予防には、体重管理が大切です。肥満にならないように日頃からのこまめな体重管理を心がけましょう。また、その他上記のような症状がみられた場合は、早めにかかりつけの動物病院に行きましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する