コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)とは

口腔内の天井部(硬口蓋)から後方にのびた柔らかい部分を軟口蓋といいますが、この部分が通常よりも長いことで呼吸が妨げられておこる呼吸器系の疾患です。頭蓋骨幅に比して口吻が短いブルドッグなどの短頭種に多く認められます。短頭種に多くみられる呼吸器系の病気を総称して「短頭種症候群」と呼ぶことがありますが、軟口蓋過長症もこの短頭種症候群の一つです。

症状

上部気道に閉塞を伴っている場合、呼吸時に雑音が多く聞かれます(喘鳴性)。また、嚥下時に気道が閉塞されて呼吸困難となり、努力性呼吸や開口呼吸を示したり、大きないびきがみられたりすることもあります。
さらに嚥下中の気道の閉塞に伴い、嚥下が困難となり、吐き気やむかつき、誤嚥などがみられます。さらに気管に負荷がかかり、気管虚脱がみられることもあります。
症状が悪化した場合、チアノーゼや呼吸困難、失神など、命に関わるケースもでてくるため注意が必要です。

治療

肥満したワンちゃんでは、減量プログラムの実施なども有効ですが、喉頭軟骨の変性や虚脱が生じる前に外科的に軟口蓋を切除することが推奨されています。術後には、一時的な患部の炎症などにより、咳や吐き気が認められることがありますが、喉頭虚脱(喉頭軟骨の内側変位で生じる上部気道閉塞)などを併発している場合を除き、概ね予後は良好です。また、高齢になると進行した喉頭虚脱を併発する可能性もあります。
重篤な呼吸困難を引き起こした場合には酸素吸入や消炎剤の投与などの内科療法を行います。

予防

先天性の疾患ですので予防はできませんが、適切な治療を受けることで症状が緩和されます。いびきや呼吸が荒いのは生来の犬種等の特徴であると考えてしまい、異常に気が付きにくいこともありますが、呼吸時の様子などに気になる点があったら、早めにお近くの獣医さんに診てもらうことをおすすめします。
興奮時や湿度・気温の高い時に症状が悪化することがあります。暑い時期の環境には十分に気を配っていただき、また興奮させ過ぎないようにするなどの注意も必要です。また肥満は症状を悪化させるため、体重管理が大切です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する