コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

気管支炎

気管支炎とは

気管とは、呼吸により口から吸入した空気を肺に運ぶための管状の器官です。その気管の下端部分は気管支と呼ばれ、気管よりもさらに細い組織で、肺のガス交換を行う組織である肺胞に開口しています。気管支炎はこの気管支部分に炎症が起こる病気で、子犬での発症が多くみられます。

原因

ワンちゃんではウィルスや細菌による感染かまたそれらの混合感染によって引き起こされる症例が多くみられますが、特に抵抗力の弱い子犬に多く発症します。この他にも、寄生虫や真菌等の感染が原因となることがあります。
また、刺激性の煙やガス、化学薬品などの吸い込み、異物の飲み込みなどが原因となり気管支炎が生じることもあります。

症状

気管支炎では咳が主な症状として見られます。咳は、嘔吐時の動作に似ているため、飼い主さんは吐き気の症状と間違えることがあります。咳のほかには、発熱や呼吸が荒くなる症状がみられることもあります。また、気管支炎の波及により肺炎などが起こることがあり、この場合、呼吸がさらに荒くなり食欲低下などの症状がみられます。

治療

気管支炎を起こすに至った原因により治療方法は異なりますが、感染症などが原因の場合は抗生物質や抗真菌剤の投与などを行います。また、症状にあわせて補液やネブライザー(蒸気吸入器)を使った吸入療法を行なうこともあります。
ワンちゃんには、なるべく暖かい部屋で安静にさせてあげる必要があります。

予防

気管支炎の症状を起こす原因の一つにケンネルコフがありますが、ケンネルコフの原因となる病原菌のいくつかはワクチン接種で防ぐことが可能です。獣医師の指示にしたがって、定期的なワクチン接種を行いましょう。ワクチン接種については個々のワンちゃんによって接種時期やワクチンの種類が異なるため、接種する際にはかかりつけの動物病院とよくご相談ください。なお、ケンネルコフに感染の疑いがあるワンちゃんがいる場合は、感染の蔓延を防ぐためにそのワンちゃんを隔離し、環境(ケージや食器など)の消毒を行なうことが重要です。また、上記のような症状が見られたときは、早めに病院での診察を受けましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する