コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー症状を起こす原因物質であるアレルゲンが環境中にあることによって、ワンちゃん体内の免疫機構が過剰に反応するため生じる皮膚炎のことで、アレルギー性皮膚炎の一種です。特に柴犬、ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア、ゴールデンレトリバーなどに発症が多いといわれています。

原因

アトピー性皮膚炎は、主に、環境中のアレルギゲンであるハウスダストや花粉、カビなどに皮膚が接触することなどが原因となり、皮膚炎が発症するといわれています。なお、発症には遺伝的な素因の関与があるといわれており、6か月から3歳くらいでの発症が多いようです。

症状

アトピー性皮膚炎では、皮膚の痒みが主な症状です。痒みがでる部分は耳、脇、股、足先、口や目の周りなどが多く、ワンちゃんがしきりに体を舐めたり噛んだりする行動が見られます。症状が進行すると皮膚に赤みや脱毛、小さな発疹が見られ、細菌による二次感染で症状が悪化することがあります。

治療

治療にあたっては、痒みのコントロールが主になります。発症の原因となる環境中のアレルゲンを掃除や環境整備などで除去していくとともに、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤、免疫抑制剤、インターフェロンなどの薬や不飽和脂肪酸などのサプリメントを投与したり、シャンプー療法を行ったりします。なお、これらの治療は、症状によって単独で用いたり、併用したりします。


他には、減感作療法という治療法もありますが、この方法は、アレルギーの原因物質を少量ずつ身体に入れることで、最終的にはアレルゲンに体を慣れさせてしまうという治療法です。この治療法の場合、アレルギーの体質自体が改善され完治することがありますが、費用がかかり、また治療期間も長期にわたることが多く根気が必要となってきますのでかかりつけの先生とよく相談することが大切です。

予防

アトピー性皮膚炎は、体質が関与するため予防は難しくなってきます。
発症してしまった場合は、アレルゲンの除去などの環境の整備やストレスを与えないこと、投薬やシャンプー、サプリメントなどで症状を軽減することもできるので、かかりつけの先生とよく相談して痒みのコントロールを行うことが重要です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する