コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

根尖膿瘍(こんせんのうよう)

根尖膿瘍(こんせんのうよう)とは

歯槽膿瘍、歯根周囲膿瘍ともいいます。歯の根(根尖部)やその周辺に化膿性炎症がおきることによって膿の袋(膿瘍)が形成されます。中高齢のワンちゃんに比較的多い病気です。

原因

多くは外傷などで歯が折れたり(破折)、歯同士や硬いものと歯がこすれることによる磨耗(咬耗)により、歯髄が露出します。この歯髄へ細菌の感染が起こり、根尖部に膿瘍が形成されます。また、血液を介して細菌が広がるため、歯髄の露出がなくても、歯石沈着などの歯周病の悪化により膿瘍ができる場合もあります。

症状

歯根の炎症ですから進行するまで気付かないこともありますが、「硬い食べ物を嫌がる」、「顔を傾けて片方の顎で飲む」、あるいは「片方の顎で噛もうとする」、「食欲の低下」、「顔がふくらむ」などの症状により気付くことがあります。重度になると炎症が骨を溶かし、たまった膿が皮膚を突き破って、眼下や鼻などに穴を開け、排膿することもあります。また、口腔内と鼻腔が貫通してしまうと、くしゃみや鼻汁、鼻出血などの症状がみられます。

治療

一般的には該当する歯の抜歯、あるいは感染した歯髄を除去した後、薬剤の充填を行い、感染部位の洗浄を行います。また状況にあわせて抗生物質や消炎剤の内服などの投与を行います。

予防

破折を防ぐため、硬いオモチャやおやつを与えないようにします。また、「定期的に歯磨きを行う」、または「プラーク(歯垢)の付着しにくい食べ物を与える」などの日常的なオーラルケアが効果的です。中高齢になると歯石が蓄積しやすくなりますので、獣医さんに診てもらいながら必要に応じて歯石の除去などを行っていきましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する