コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

瓜実条虫症(犬条虫症)

瓜実条虫症(犬条虫症)とは

犬条虫症は瓜実条虫症とも呼ばれ、瓜の種が連なっているような、長い形態の瓜実条虫という寄生虫がワンちゃんの小腸に寄生することによって起こります。ノミを介して感染する寄生虫で、ワンちゃんの他にもネコちゃんやフェレットさんにも感染します。

原因

犬条虫(瓜実条虫)がワンちゃんの小腸に感染することによって起こる病気です。
犬条虫は 100 個以上もの瓜の種のような片節が連なることで、体長が 50 ㎝以上にもなる長い形態をしています。この片節の中には条虫の卵である虫卵を含んでいて、片節が一つづつワンちゃんの便中に排出されます。この虫卵をノミが摂取し、そのノミをワンちゃんが口から取り入れることでワンちゃんは犬条虫に感染します。

症状

大人のワンちゃんは無症状のことが多いですが、下痢を引き起こす場合もあります。多数寄生するなどで、子犬ちゃんでは激しい下痢を起こすこともあり、症状が重くなると体重減少を起こし、発育不良の原因にもなります。

治療

条虫駆虫薬を投与し、駆虫します。条虫感染の原因となるノミの駆虫を同時に行うことも重要です。

予防

感染の原因となるノミの予防を定期的に行うことが重要です。特にノミが活発に活動する季節には、しっかりと予防をしていきましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する