コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

乳頭腫

乳頭腫とは

乳頭腫は皮膚や粘膜にカリフラワーのようなイボができるのが特徴で、ワンちゃんに多く発症する良性の腫瘍です。若齢犬の場合、パピローマウイルス(乳頭腫ウイルス)が発生の一要因となることが知られています。

原因

発症の原因として、乳頭腫ウイルスの関与があるといわれておりますが、ウイルス以外が原因の場合もあります。ウイルスによる発症の場合、接触などによって伝播します。

症状

ウイルスが関与している乳頭腫は、比較的若いワンちゃんに発症が多く、白色から肌色で有茎のカリフラワー状腫瘤が、皮膚や粘膜に発生することで知られています。一方、ウイルスが関与しない乳頭腫は主に老齢犬で発症し、いずれも良性の腫瘍です。ウイルス性の腫瘤は多くの場合、数ヶ月で消失します。

治療

一般的に良性腫瘍のため、治療を必要としない場合が多く、ウイルス性腫瘤の場合は、数週間から数ヶ月で自然消失します。
発症場所によって何らかの害がある場合には、外科的に電気メスなどで切除をすることもあります。

予防

発症の原因がはっきりわからないので、予防するのは困難ですが、ワンちゃんに多い良性腫瘍のため、発症してもさほど問題にはなりません。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する