コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

中皮腫(ちゅうひしゅ)

中皮腫(ちゅうひしゅ)とは

胸部の空間である胸腔、心臓の周りを取り囲む袋である心嚢、胃・肝臓・小腸・大腸などを収めている空間である腔などの内側を覆う組織が中皮であり、この中皮を構成する細胞が腫瘍化したものが中皮腫です。
ワンちゃんでは胸腔、心嚢、腹腔、精巣とその付属器官が入る袋である陰嚢の内膜に生じます。また、ネコちゃんでは胸腔,心嚢,腹腔に生じます。

原因

人ではアスベストの吸引により発生することが知られています。胸腔の中皮腫に関してはワンちゃんやネコちゃんでも同様のことが疑われていますが、はっきりとは分かっていません。その他の部位の中皮腫に関してはアスベストとは無関係といわれており、原因は不明です。

症状

腫瘍からの滲出(血管内の成分が滲み出ること)が非常に強く、腫瘍の存在する部位によって胸水、心嚢水、腹水などが溜まります。その結果、呼吸困難、元気消失、運動をしたがらない、食欲不振、嘔吐などの症状が現れます。

治療

完治させるための治療法は今のところ確立されていません。
対症療法として、滲出液の排出を促すための利尿剤の投与や、針や管を刺して滲出液を排出させる処置が行われます。
心嚢水が貯留している場合には心嚢の部分的切除術が行われることもあります。
ワンちゃんでは抗癌剤であるシスプラチンの体腔内投与(胸腔内や腹腔内に直接注入する)が効果を示す場合もあります。ネコちゃんではシスプラチンは副作用が大きいため行われません。

予防

アスベストの関与が疑われるため、アスベストの吸引を避けることが予防につながる可能性があります。
しかしながら、アスベストとは 無関係に発生する場合もあり、原因ははっきり分かっていないため完全に予防するのは難しいといえます。日頃からの健康状態のチェックで早期発見を心がけましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する