コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

組織球腫

組織球腫とは

1〜2歳未満の若齢のワンちゃんに多く見られる皮膚の腫瘍です。ほとんどの場合、良性の腫瘍だと言われています。

原因

発生の原因ははっきりと分かっていませんが、若齢のワンちゃんにみられることが多く、約50%は2才以下のワンちゃんでみられるといわれています。

症状

患部は、丸くドーム状に膨らみ、赤みや脱毛を伴うことがあります。また、潰瘍(※)が形成されることもあり、頭部や四肢などによくみられます。痛みはなく、ワンちゃんが患部を気にすることはまれだといわれています。
※潰瘍とは、傷害や疾患によって皮膚や粘膜の表面に欠損が生じた病変のことをいいます。

治療

自然に退縮することもありますが、腫瘍が大きくなったり、経過を観察していても小さくなる様子がない場合には、外科的切除を行うこともあります。切除後の予後は、比較的良好だといわれています。

予防

発症原因がはっきりとわかりませんので、発症自体を予防することは難しいのですが、早期発見による早期治療は可能です。検診を定期的に受診することや日頃からワンちゃんの体をこまめに触ることを心がけましょう。「しこり」がみられた場合には、早めに動物病院にご相談ください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する