コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

甲状腺腫瘍(こうじょうせんしゅよう)

甲状腺腫瘍(こうじょうせんしゅよう)とは

甲状腺は気管の両側にある組織で、甲状腺ホルモンを生成・分泌しています。甲状腺にできる 腫瘍には良性(甲状腺腫)と悪性(甲状腺癌)がありますが、残念ながらワンちゃんの場合、90%が悪性の腺癌だといわれています。ビーグル、ゴールデン・レトリバー、ボクサーに多く発生する傾向があり、年齢は5〜15歳に多く(平均10歳)、性差はないといわれています。

原因

他の腫瘍と同様、甲状腺腫瘍の原因も明らかではありません。

症状

ワンちゃんの喉の周辺に触れた際、硬いしこりとして気づくことが多いようです。腫瘍の場所によっては気管や咽頭を圧迫して、咳や呼吸困難、嚥下(えんげ)困難がみられます。頸部のリンパが同時に腫れることもあります。ワンちゃんの場合、10%程度の割合で甲状腺機能亢進症の症状(多食、体重減少、活動亢進、多飲多尿)がみられます。

治療

圧迫による苦痛を減らすためにも、腫瘍化した甲状腺の外科的な切除が選択されます。ただし、甲状腺の周囲には血管、神経、気管、食道など重要な臓器が密接していますので、病巣の状況によっては腫瘍がすべて取りきれないこともあります。悪性の場合には化学療法(抗ガン剤投与)を併用します。

予防

甲状腺腫瘍はワンちゃんの腫瘍全体の2%〜3%に発生するといわれています。発生自体は少ないのですが悪性である頻度が高く、また、「異変に気づいて病院に初めて連れて行った時に、すでに他の部分に転移をしている確率(初診時遠隔転移率)」が35%以上ですので、早期に発見し、早期に診療を受けることがたいへん重要です。腫瘍が大きくなってしまうと、食道や気管に浸潤し、手術による切除も難しくなります。日常のケアの際、喉の周辺も触る習慣をつけ、しこりなどがないか気をつけてあげましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する