コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

馬尾症候群

馬尾症候群とは

脊椎と呼ばれるワンちゃんにの背骨は、頚椎(首の部分)、胸椎(背中の部分)、腰椎(腰の部分)、仙椎(腰椎以降の部分)で構成されています。この脊椎の中には中枢神経である脊髄神経が通っていますが、この脊髄神経の末端は腰椎の部分で馬の尻尾のように細かく分かれています。この部分を総称して馬尾神経と呼びますが、馬尾神経が様々な要因によって圧迫を受けることにより発症する神経症状の総称が、馬尾症候群です。

原因

「外傷」、「椎間板ヘルニア」、「腫瘍」、「腰仙椎関節の不安定」などにより馬尾神経が圧迫され、神経症状が引き起こされます。一般的にジャーマンシェパードやゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーなどの大型犬に多くみられます。
尿失禁や糞便の失敗、尻尾の麻痺などがみられます。また、腰部や後肢の痛みや後肢の筋肉の萎縮、ふらつきや跛行が見られることがあります。尻尾や腰仙椎関節を触診し圧迫することによって痛みが確認できます。

治療

症状が軽い場合は、ケージレスト(安静療法)や抗炎症剤の投与などを行います。なお、内科療法に反応がない場合や、痛みが激しい場合は外科的処置が必要となり、除圧手術や脊椎固定術などの外科療法を行う場合もあります。

予防

肥満になると腰に負担がかかり、馬尾症候群を引き起こす原因になりますので、適切な食餌管理、適度な運動を行うことが重要です。高齢のワンちゃんでは負担がかからないように、運動量を調節してあげましょう。また、足の痛みやふらつきなどの症状がみられたら、早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する