コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

胆泥症

胆泥症とは

脂肪の消化に重要な役割を果たす胆汁は肝臓で生成され、胆嚢に一時貯蔵されます。
食事をとると胆嚢が収縮しますが、収縮に伴い胆汁は総胆管を通って十二指腸に放出されます。
胆泥症とは、何らかの原因で胆汁が濃縮して変質し泥状になったもの(胆泥)が胆嚢に貯留した状態をいいます。
胆汁の成分が変質して結石状※になったものを胆石といいますが、ワンちゃんでは胆石症の発生は比較的まれで、胆泥症の方が多く見られます。
※結石とは、分泌物や排泄物の中の無機質や有機質が結合して形成された石のように硬い固形物をいいます。

原因

胆嚢炎や内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症)に伴って見られることが多いようです。
胆嚢炎は細菌感染や、腸炎・膵炎・肝炎・胆管炎などから併発して起こりますが、胆嚢炎が起こると胆汁の性状が変化するために胆石や胆泥ができやすくなります。
甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患でも胆汁の性状が変化するために胆石や胆泥ができやすくなります。

症状

特に症状を示さず、健康診断等で偶然発見されるケースも多く見られます。
胆嚢炎に伴って起こっていたり、二次的な肝障害が起こっているような場合、また胆泥が胆嚢から出て総胆管の通過障害や閉塞が起こっているというような場合には、食欲不振や嘔吐、発熱、腹痛などの症状が現れます。総胆管が完全に閉塞すると黄疸が起こり、重症の場合には胆嚢や胆管が破裂し腹膜炎を起こすこともあります。

治療

胆汁の生成を促して胆汁の流れをよくしたり、胆嚢からの胆汁の排泄を促したりする目的で、利胆剤が使われます。
胆嚢炎や甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患に伴う胆泥症の場合には、抗生物質や消炎剤、ホルモン剤など、原因となる疾患(原疾患)の治療が必要となります。肝障害を伴っている場合も、その治療が必要です。
胆泥の貯留により胆嚢が大きくなっていたり(腫大)、胆嚢壁がもろく破裂しやすい状態になっている場合や総胆管閉塞の危険が高い場合には、外科的に胆嚢を切除する手術を行うこともあります。
原疾患がなく、特に症状を示さず、肝障害なども伴っていない場合には、治療をせず経過観察を行うこともあります。

予防

栄養バランスのとれた食事を適正量与えていただき、適度な運動を心がけましょう。
特に高カロリー・高脂肪の食べ物には注意が必要です。
胆泥症は無症状で経過することが多いため、定期的な健康診断で早期発見を心がけましょう。また、胆嚢炎や内分泌疾患(甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症)などのような、胆泥症の原因となる疾患を早期に発見し治療することも重要です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

しゅうくりーむさんからのコメント
今年8歳になるM.シュナ♂くんのフィラリア検査の際に一緒に行った健康診断にて発覚しました。 エコー
のんさんのすずちゃんからのコメント
3歳半で初めてペットドックをうけ胆泥症が見つかりました。 コレステロールも高値だったため、低脂肪食
K.Yママさんのこゆきちゃんからのコメント
毎年4月にペットドッグを受けており、たまたま胆泥症が見つかりました。薬での治療が必要なまでではないた
さきママさんのラム(トイ・プードル)ちゃんからのコメント
うちの犬は10歳の時に健康診断をして胆泥症といわれました。元気があったので全く気が付きませんでしたが
アニコム獣医師さんからのコメント
みゅるぼんさん、貴重なご意見をありがとうございます。 現在お薬と食事による治療を行っていらっしゃる
みゅるぼんさんからのコメント
昨年からALPの数値が高く毎月検査をしています。 獣医師からも丁寧な説明を受けましたがアニコムさん

コメントを投稿する