コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

異物誤飲

異物誤飲とは

ワンちゃんはヒトが思ってもみないものを食べてしまうことがあります。特に子犬ちゃんは、色々なものを誤って飲み込んでしまうことが多いので充分に注意をしてください。異物誤飲での通院割合を調べたところ、1歳以上のワンちゃんと比べ1歳未満のワンちゃんのほうが異物誤飲で動物病院に通院する割合が4倍も高いことがわかっています。(アニコムデータラボ調べ2007.7.20)。異物誤飲をしてしまった場合に、その異物の種類によっては命に関わることもありますので注意が必要です。

原因

【異物誤飲の原因となりやすいもの】
竹串やトウモロコシの芯、果物や梅干の種、ヒトの医薬品、石、砂、靴下などの布類、紐など、ヒトの身近にあるものが多いようです。(アニコムデータラボ調べ 2007.9.21)。

症状

誤飲したものの種類や量、ワンちゃんの体格や体質によって、現われる症状や症状が発現するまでの時間、重症度が異なります。誤食後に時間が経過してしまうと、治療が困難になる場合や症状が重くなる場合があり、場合によっては死に至ることもあるので注意が必要です。
誤食の症状は様々ですが、一般的に嘔吐や下痢、流涎(よだれ)、食欲不振、元気消失などの症状がみられることが多いようです。

治療

触診、エコー検査、レントゲン(X線)検査などで診断を行います。異物の種類によってはレントゲンに写らないものや写りにくいものもあり、判明が難しい場合がありますが、このような場合や腸閉塞などを疑う場合にはバリウム検査を行います。検査の結果により、便と一緒に異物の排泄を待つ場合もありますが、異物の種類や状態によっては早急に処置が必要なこともあります。
処置の方法としては、催吐処置(異物を嘔吐させる処置)や内視鏡による除去、もしくは胃切開などの外科手術などがあります。その他、液体や中毒の可能性がある異物を誤飲した場合には胃洗浄することもあります。また、異物による中毒症状などを起こしてしまった場合は解毒剤の投与や点滴治療などを行います。

予防

お家では普段からワンちゃんの口の届く場所に飲み込みそうな物や興味を示しそうな物を置かない(子犬ちゃんは遊んでいるうちに食べてしまうことがあります)ことが大切です。また、散歩時などには、何が落ちているのか分からないような場所では、ワンちゃんの名前を呼んだり、リードを短めに持ったりして、しっかりとワンちゃんをコントロールしましょう。また、スプーンやフォークを使って食事を与えることや焼鳥などの竹串などに刺さったものをそのまま手でもって食べさせたりすることはスプーンや竹串などを一緒に飲み込んでしまう可能性があるため非常に危険です。
ワンちゃんが何か口にくわえていて誤食につながる可能性がある場合には、すぐに取り除きましょう。ワンちゃんは取り上げようとすると急いで飲み込んだり怒って噛みついたりする可能性もあるので、おやつや大好きなおもちゃなどでワンちゃんの気をひき、好きなものと交換するようにして取り除くと良いでしょう。


万が一、ワンちゃんが異物を飲み込んでしまった場合、または、摂取したことが疑われる場合には、早急に動物病院に通院することをお勧めします。また、異物が食品や薬物の場合は、内容の表示がある袋や箱を持参すると良いでしょう。その他の場合でも異物の一部などがあれば、治療方針の目安となりますので持参することをお勧めします。治療法については摂取した異物の種類や量、摂取後経過している時間によっても異なりますので、かかりつけの動物病院とよくご相談ください。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する