コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

胃拡張(胃拡張胃捻転)

胃拡張(胃拡張胃捻転)とは

胃が拡張し、ねじれ(捻転)を起こすことからショック状態に陥る緊急性の高い病気です。特にグレート・デーン、ボクサー、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、ドーベルマンなどの大型犬や超大型犬で、胸が深い犬種に多く発生する病気です。

原因

はっきりとした原因は不明ですが、胃内に停滞する液体やガスの増加や食後の過度の運動による胃拡張が主な原因となり、胃拡張に伴って胃捻転を起こします。多量のドライフードを食べた後に水を飲むことにより、胃の内容物が膨張することが胃拡張の要因の一つなることもありますので食事の与え方には注意が必要です。

症状

胃が拡張するため、腹部が膨満し、嘔吐をしたくても吐物がでない状態になり、よだれを流します。その後、呼吸困難、目に見える部分の粘膜が白く退色する、脈圧が低下する、などのショック症状を起こします。そのまま治療をしないで放置しておくと数時間で死亡する場合がありますので、早急の治療が必要です。

治療

胃の減圧処置とショック状態の治療を行います。減圧処理は胃内にチューブを挿入、あるいは皮膚の上から注射針を胃内に刺してガスを排出します。ショック状態の治療にはステロイドの投薬や、静脈への点滴を行います。ショック状態が落ち着いたら開腹手術による外科的治療を行います。 一般的な手術は、捻転している胃を元の位置に戻すことと、再発を防ぐために胃を腹壁(お腹側の膜)に固定する手術となります。

予防

1回の食事で沢山の量を与えたり、食後すぐに運動をしたりしないようにしましょう。特に大型犬で胸の深いワンちゃんは注意をしてください。食事の回数を1回だけでなく、2回以上に分けることなども予防になります。


胃拡張胃捻転症候群は健康なワンちゃんであっても急にかかる、命にかかわる大変恐い病気です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する