コメントを書く・読む

膀胱炎

膀胱炎とは

ブドウ球菌や大腸菌等の細菌感染によって膀胱に炎症が起こる病気をいいます。

原因

膀胱内に侵入したブドウ球菌や大腸菌等の細菌が原因となって膀胱に炎症がおきます。口腔内細菌や子宮蓄膿症の細菌などの膀胱へ感染することもあります。また、膀胱内に生じた結晶や結石によって膀胱が傷つけられ、そこに細菌が感染することで引き起こされることがあります。

症状

尿路からの出血により赤い尿(血尿)が見られ、頻尿(少量しか尿が出ないが、トイレに頻繁に行く症状)やチーズのような膿を含んだ尿などが混ざることもあります。うさぎの尿は正常な場合でも赤色や濁っている場合があるため、膀胱炎の判断をすることが難しい場合がありますが、尿が異臭を放つこともあるので早期発見も可能です。また、頻繁に水を飲む症状や、発熱や食欲不振などの症状がみられることもあります。

治療

抗生剤の投薬で細菌感染を抑えていきます。また、膀胱内の結晶や結石が原因となって引き起こされている場合には、膀胱炎の治療と併行して、その原因となる結晶や結石の治療やケアを行うことがありますので、その場合は獣医師とよく相談して治療を行ないましょう。

予防

常に飼育環境を清潔にすることが大切です。膀胱は常に細菌感染の可能性がありますが、排尿量が減ると細菌を流し出す作用が減り、悪化すると言われています。常に清潔な水を飲めるようにし、普段からうさぎの尿の色や量の変化を観察するようにし、膀胱炎かの判断に迷う場合は、病院で早めに尿検査を行いましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する