コメントを書く・読む

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは

子宮は、女の子のうさぎさんの腹腔内にあるY字型の生殖器官です。子宮蓄膿症は、この子宮内に細菌感染が起こることで膿が溜まり、さまざまな症状を引き起こす病気です。

原因

子宮内部の子宮粘膜に、パスツレラ菌などの細菌感染が起こることが原因となります。避妊していない中高齢以上のウサギさんでの発症が多いようです。

症状

外陰部からの異常な血液や膿状の分泌物、元気消失、食欲不振などの症状がみられます。放置しておくと死に至ることもあります。

治療

多くの場合、外科的に卵巣子宮摘出術(避妊手術)をすることで治療を行いますが、ウサギさんの健康状態や飼い主さんの意向などにより、手術を行なわない場合は、抗生物質などの内科的治療を行うこともあります。

予防

若いうちに避妊手術をすることが予防につながります。また、陰部からの異常な分泌物や食欲不振などの症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する