コメントを書く・読む

角膜炎

角膜炎とは

目の最も表面の部分を構成している透明な膜を角膜といい、その角膜が炎症を起こした状態が角膜炎です。うさぎさんは自然界では弱い存在ですので、自分の身を守るため、より早く外敵を見付けやすいように、目が顔の両側面に位置しています。また、眼球が身体に比べて大きく、まばたきをする回数が少ないという特徴があります。このような特徴に加えて、うさぎさんはワンちゃんやネコちゃんに比べて角膜が薄いので、角膜の病気を起こしやすいといわれています。

原因

「干し草などの異物が目に入る」、「ケンカや物にぶつかることによる外傷」、「細菌感染」などが原因で起こります。結膜炎による炎症が波及し角膜炎になることもあります。
また歯の疾患があると、角膜の表面を保護している涙液層に異常が起こり、角膜炎を起こすこともあります。

症状

軽度の場合には特に症状が認められない場合もありますが、進行すると痛みが生じるため、目をシバシバさせたり、目が開けられなくなったり、涙が眼の表面から過剰にあふれ出る流涙といった症状が認められます。
重症になると、角膜の浮腫(ふしゅ)により目の表面が白く見えたり、眼球内に蛇行した毛細血管(血管新生)がみられるようになります。また、本来透明である角膜が白く濁る(角膜混濁)、眼瞼の痙攣なども見られるようになります。
角膜の傷が角膜表面だけでなく角膜実質にまで及んで角膜潰瘍になると、痛みが強くなり完治まで時間がかかります。
また、乾性角結膜炎(ドライアイ)では、涙の分泌が減ることにより、目が乾燥し、粘稠性 の高い目やにが多く出ます。

治療

おもに抗生物質や角膜保護薬などの点眼で治療を行います。状況によってステロイドの点眼薬を投与することもあります。

予防

角膜炎は目の問題だけでなく、歯の疾患から発症することもあるので、日頃から食欲、元気を含めたうさぎさんの全身の状態をよく観察し、涙、目ヤニ、目の様子も良く注意するようにしましょう。
多頭で飼育している場合には他のうさぎさんとのやり取りの中で目に外傷を受け、角膜炎になってしまうことがあります。うさぎさん同士の普段の様子もよく観察しましょう。
うさぎさんは縄張り意識が強いどうぶつですし、相性が悪い場合もあります。一緒にしないで、分けて生活させるようにするのも選択肢の一つです。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する