コメントを書く・読む

子宮内膜炎

子宮内膜炎とは

子宮は、女の子のうさぎさんの腹腔内にある生殖器官です。子宮内膜炎は、ホルモンの影響などにより子宮内膜が増殖し、嚢胞性や乳頭状の過形成を起こし、さらに細菌に感染することにより起こる病気です。

原因

うさぎさんは交尾した時の刺激によって排卵が誘発される交尾排卵動物であるため、一定した性周期がなく、月のうち2日から3日程度の発情休止期がある以外は、年中発情状態が続きます。妊娠している時のうさぎさんの体ではプロジェステロンというホルモンが優位になり、妊娠していない時は女性ホルモンのうちのエストロジェンというホルモンが活発になっています。ペットとして暮らす女の子のうさぎさんは、ほとんどの場合妊娠する機会がありませんので、常にエストロジェンが優位な状態となっています。 このようなホルモンの不均衡のために、うさぎさんは子宮腺癌、子宮水腫、子宮内膜炎を含めた、子宮疾患を引き起こしやすいのではないかと考えられています。

症状

血尿と間違えられやすいのですが、陰部からの出血が、排尿後や間をおいて繰り返してみられる(間欠性)ようになります。初期には出血以外の一般状態は正常なことが多いのですが、出血が大量であったり、慢性化したりしてしまうと、赤血球の産生が赤血球の寿命に追いつかないような状態(再生性貧血)になります。 なお、うさぎさんの尿の色は正常でも食事などの影響で赤色尿となることがあります。この場合は生理的なもので、尿の色が赤くても赤血球を含まず潜血反応は陰性です。疑わしい場合には、動物病院で検査してもらいましょう。

治療

治療は、手術で子宮と卵巣を全摘出します。高齢などの理由で手術が出来ない場合には抗生物質や止血剤などで内科療法を行いますが、再発を繰り返すことが多いようです。

予防

3歳から4歳くらいの避妊手術をしていない女の子のうさぎさんは子宮疾患を起こしやすい傾向がみられます。2歳くらいまでに避妊手術をすることにより、子宮疾患を予防できます。病気の早期には食欲、元気にほとんど変化が見られないため、見過ごされがちです。避妊手術をしていない場合には定期的な健康診断を受け、普段から尿の色、陰部からの出血や分泌物の有無、食欲不振、お腹の張りなどの症状によく注意をしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する