コメントを書く・読む

耳疥癬(ウサギキュウセンヒゼンダニ症)

耳疥癬(ウサギキュウセンヒゼンダニ症)とは

耳ダニ症ともいい、おもに外耳道の表面にウサギキュウセンヒゼンダニが寄生することによって外耳炎を引き起こす寄生虫による病気です。

原因

ウサギキュウセンヒゼンダニが外耳道に寄生することによって発症します。
感染どうぶつとの接触により感染します。ウサギキュウセンヒゼンダニはうさぎさんの耳の穴の中で耳垢や浸出液を食べて、うさぎさんの体表で生活します。ウサギキュウセンヒゼンダニは、皮膚疥癬のように皮膚内に穴をあけながら潜り込むようなこと(穿孔)はありません。

症状

最初はフケや発疹が出ます。さらに症状が進行すると浸出液が乾燥し、茶〜黄褐色のかさぶたになり、その下でさらにダニが繁殖します。うさぎさんは激しい痒みで首を振り、  
後ろ足で耳介をひっかき、患部周辺を傷つけてしまいます。そのため、耳介の内側や耳の穴の中は充血し、腫れて外耳炎を引き起こします。耳以外にも、外陰部や顔、首、四肢に広がることもあります。耳垢やかさぶた、表皮の組織片などにダニの成虫や卵を確認することで診断します。

治療

スポットタイプや内服薬、注射薬などの殺ダニ剤を投与して治療します。ただし殺ダニ剤は、成虫のダニに対してのみ効果があり、卵には効果がないので、残った卵が孵化して再発してしまう可能性があります。このため、疥癬の治療は一定の間隔で、2~3回の殺ダニ剤の投与が必要となることがあります。また、この他にも症状に併せて、抗生物質の投与や薬浴を行うこともあります。
ヒゼンダニは皮膚を穿孔して寄生するため、検査で見つからないこともありますが、症状より疥癬が強く疑われる場合には試験的に治療を行う場合があります。
また多頭飼いの場合には他のネコちゃんも感染している可能性が高いため、一緒に治療を行います。

予防

新しくうさぎさんを家に迎える時には、動物病院さんで耳ダニの感染の有無を含めた、一般的な健康チェックをしていただきましょう。特に、すでにお家にうさぎさんがいて、2頭目を迎える際には、先住のうさぎさんに感染させてしまわないためにも注意が必要です。
また、普段から耳垢の色や量、耳の臭いなどをチェックして、早期発見を心がけましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する