コメントを書く・読む

子宮腺癌

子宮腺癌とは

子宮内膜の腺癌は避妊をしていない女の子のうさぎさんで最も多くみられる腫瘍です。 その発生率は年齢と共に増加します。

原因

うさぎさんは交尾したときの刺激によって排卵が誘発される交尾排卵動物であるため、一定した性周期がなく、月のうち2-3日程度の発情休止期がある以外は年中発情状態が続きます。妊娠しているときのうさぎさんの体ではプロジェステロンというホルモンが優位になり、妊娠していないときは女性ホルモンのうちのエストロジェンというホルモンが活発になっています。妊娠する機会のないペットのうさぎさんは常にエストロジェンが優位な状態となっており、このホルモンの不均衡のために、うさぎさんは子宮腺癌、子宮水腫、子宮内膜炎を含めた、子宮疾患を引き起こしやすいのではないかといわれています。

症状

いちばん気付きやすい症状として血尿(※)が挙げられますが、膀胱炎と間違えやすいので注意が必要です。陰部からの血液混じりの膿性の粘液、腹部膨満、食欲低下などがありますが、転移が起こる前は明らかな症状がみられないこともあります。子宮腺癌は転移をしやすく、消化管、肝臓、脾臓、腹膜、肺などにみられます。うさぎさんの子宮腺癌は比較的ゆっくりと進行することが知られており、転移が起こるまでに1〜2年経過しているといわれています。
※うさぎさんの尿の色は正常でも食事などの影響で赤色尿となることがあります。この場合は生理的なもので、赤くても赤血球を含まず潜血反応も陰性です。疑わしい場合には、動物病院で検査してもらいましょう。

治療

治療は手術で子宮と卵巣の全摘出を行いますが、すでに転移がある場合には予後が悪くなります。病気の早期には食欲、元気にほとんど変化が見られないため、見過ごされがちですが、早期発見、早期治療が重要です。

予防

3〜4才の未避妊の女の子のうさぎさんは子宮疾患を起こしやすくなります。2才くらいまでに避妊手術をすることにより予防できます。避妊をしていない場合には、血尿などの症状によく注意をしましょう。うさぎさんの品種による発症の差は無いと言われています。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

ひろままさんからのコメント
あめりちゃん、無事に手術が終わってよかったですね。 あめりちゃん、ママ、お疲れ様^^ 我が家のラ
たじままさんのあめりちゃんからのコメント
我が家のあめり、2歳半でがん予防の為子宮摘出をしました。ずっと迷っていて…手術も怖いかなと思っていま

コメントを投稿する