コメントを書く・読む

ティザー病

ティザー病とは

ティザー病の原因となる細菌は生活環境中や健康なうさぎの腸内にも存在し、免疫力の低下などにより細菌叢(さいきんそう)の調和が崩れた場合に下痢などの症状がみられる病気です。

原因

Clostridium piliformeという細菌の感染が原因となります。うさぎさん以外にも、マウスやラット、ハムスターなどのげっ歯類や犬や猫、牛、馬など幅広い種でみられます。便中に排泄された細菌の摂取により感染します。

症状

感染していても無症状である場合が多いのですが、免疫力の低下により状態が悪化して、水様性下痢、体重減少、立毛などがみられ急死するケースもあります。また、肝臓や心臓に変性壊死がみられることがあります。

治療

有効な抗生物質がほとんどないため、二次感染を防ぐ目的で抗生物質の投与や輸液療法などの治療が行われます。

予防

有効なワクチンはまだ開発されていません。ストレスを減らし、ケージ内を清潔に保つなど、飼育環境を整えることが予防に繋がります。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する