コメントを書く・読む

白内障

白内障とは

目には水晶体と呼ばれる、カメラのレンズと同じ役目をする器官があります。水晶体は正常な状態では透明ですが、白内障はこの水晶体の一部もしくは全部が何らかの原因で変性し、白く濁ってしまう病気です。

白内障

原因

白内障には加齢とともに発症する「老年性白内障」や若齢のうちに発症する「若年性白内障」などがあります。一般的に、「老年性白内障」は加齢が原因となり、「若年性白内障」は遺伝的な素因があるといわれています。またその他の原因としては、外傷や感染(エンセファリトゾーン、細菌)などがあります。

症状

水晶体の一部または全体が白く濁ってきます。ウサギさんは本来、夜行性のどうぶつですので、過熟白内障(白内障の進行状態で末期の状態)に進行しない限り、視力障害はみられません。感染が原因の白内障では、ブドウ膜炎を併発しています。

治療

内科的治療法は白内障の初期段階で行われます。点眼薬などにより病気自体の進行を遅らせることができるといわれています。しかしながら、白内障は内科的治療で完治することがないため、根本的な治療には外科的治療法が必要となります。うさぎさんの白内障手術を行う病院は限られているため、専門の動物病院さんに相談をしていただくとよろしいでしょう。

予防

早期発見により、薬で病気自体の進行や症状が表れる時期を遅らせることができることもありますので、定期的な健康診断を受けることが大切です。またブドウ膜炎などを併発している場合は早期に治療が必要です。ご自宅では、うさぎさんの目の色、行動のチェックをするようにしましょう。
黒目の部分が白いという症状だけでなく、充血がある、目やにがひどい等の症状が見られる場合にも早めに動物病院にご相談ください。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する