コメントを書く・読む

スナッフル

スナッフルとは

細菌感染による副鼻腔炎、気管支炎などの呼吸器疾患にかかることで、うさぎさんにくしゃみや粘液性の鼻水といった症状がみられることがありますが、このような症状を総称してスナッフルといいます。原因となる病原体の代表格がパスツレラ菌ですので、特にパスツレラ菌の感染による鼻性呼吸(※)や呼吸時の異常音のような症状を指して使われることもあります。
※鼻水で呼吸がしづらくなり、苦しそうに鼻で息をしている状態が鼻性呼吸です。

原因

パスツレラ菌のほかにも気管支敗血症菌や黄色ブドウ球菌などが原因となる場合もあります。うさぎさんが鼻腔や副鼻腔内にこれらの細菌を保菌していても必ずしも発病する訳ではなく、無症状の場合もありますが、季節の変わり目や環境の変化、不衛生な環境といった、何らかのストレスがきっかけとなって発症すると考えられています。
アレルギーでも全く同じような症状を示すことがありますので、原因の究明には細菌の培養を行うことになります。

症状

初期には水溶性の透明な鼻水やくしゃみがみられます。副鼻腔炎に進行すると鼻水は次第に粘液性になり、膿(のう)性に変化します。
不快感から鼻を前肢でこするため、鼻の周辺や前肢の内側の被毛が鼻水で汚れてガサガサになります。重症化すると、呼吸のたびに「ズーズー」といったスナッフリング・ノイズが聞かれるようになります。症状が軽いうちは見逃してしまいがちですが、進行すると肺炎になったり、胸に膿(うみ)がたまったりして呼吸困難となり、死に至ることもあります。なるべく早めに気づいてあげて、症状が軽いうちに動物病院を受診しましょう。

治療

抗生物質の投与、および症状にあわせた対症療法を行います。いったん症状が改善しても、パスツレラ菌などの原因となる細菌を完全になくすことは難しいため、ストレスや免疫力の低下による再発の可能性があります。

予防

予防に適した飼育環境としては、室温の目安は23℃、湿度は50〜60%程度が望ましいといわれています。また、部屋の空気をまめに入れ換えることで、空気がよどまないようにしましょう。ケージを清潔に保つことも大切です。特にトイレの衛生には注意が必要です。
日光浴も殺菌作用があり、抵抗力をつけるためにも良いといわれています。ただし、うさぎさんは暑さに弱いので、暑い季節の日光浴の際は、必ずうさぎさんが涼しく日の当たらない場所に自分で移動できるように、逃げられる場所を作ってあげてください。
多頭飼育の場合には、他のうさぎさんへの感染を予防するため、スナッフルにかかっているうさぎさんを隔離する必要があります。また、飼い主さんが他のうさぎさんのお世話をする際には手洗いをするようにしましょう。お年寄りや小さいお子様、免疫力の弱い方など、人にも感染する可能性もありますので、うさぎさんを触った後は、念のため手洗いやうがいをするようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する