コメントを書く・読む

不正咬合

不正咬合とは

うさぎさんは、ワンちゃんやネコちゃんとは異なり、すべての歯が生涯に渡って伸び続けます。うさぎさんは食事の摂取によりそれぞれの歯が正しく咬み合わさり、また磨耗することで歯の長さを一定に保っています。しかしながら、食事内容の偏りや遺伝的な歯列や顎の異常が原因となり、十分に磨耗されない場合には、必要以上に歯が伸びてしまい、歯と歯が正しく咬み合わない「不正咬合」と呼ばれる状態が起こります。

歯の構造

原因

不正咬合の原因の例として以下のものがあります。
・偏った食事内容
・遺伝的な歯列や顎の異常
・外傷
・歯周組織の感染
・異常な咀嚼癖

症状

食物を口に運びづらそう、食物を口から落とす、食事のスピードが落ちるなどの摂食障害や食欲不振、食事内容の変化(柔らかい物だけを好む)などの症状が出ます。さらに進行すると、伸びた歯が舌や口腔粘膜などを傷つけることにより、流涎(よだれ)、出血、流涙、口腔内の潰瘍や眼窩膿瘍などを起こすことがあります。また、食事を摂ることができなくなるため、衰弱や体重減少がみられることもあります。

治療

伸びすぎた歯は、動物病院さんで歯科用器具などを用いて歯切りや歯削りをします。処置を全身麻酔下で行うか、あるいは無麻酔で行うかは、うさぎさんの年齢や健康状態、処置を行う歯の位置や状態によって異なります。また、舌や口腔粘膜などを傷つけている場合や、眼周囲にも症状が及んでいる場合は、その症状に応じた処置や抗生物質(内用薬・点眼薬)などの投与も行います。

予防

歯がうまく磨耗するような適切な食事を与えることが、不正咬合の予防となります。ペレットや乾燥の野菜チップなどに偏らず、牧草類や野菜も十分に与えてあげましょう。ケージをかじる癖なども不正咬合の原因となることがあるので、ケージをかじらせない工夫をしましょう。また、日頃からのこまめな歯のチェックも大切です。食事やグルーミング時の様子の変化、摂食障害がみられる、歯が伸びすぎているなどの異常がみられた場合は、早めにかかりつけの動物病院に行きましょう。ご自宅で歯のチェックをすることが難しいようであれば、動物病院さんで定期的にチェックしてもらうとよいでしょう。不正咬合は繰り返しやすいので、定期的に歯切り、歯削りを動物病院でしてもらうことが必要となります。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する