コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

回虫(トキソカラ)症

回虫(トキソカラ)症とは

回虫の成虫は 5 - 15 cmの白いひも状です。回虫卵という回虫の卵を口から摂取することでヒトにも感染する人獣共通感染症(ズーノーシス)なので、ネコちゃんだけでなく、ヒトにとっても注意が必要です。ヒト(主に幼児)が回虫卵を摂取して発症する幼虫移行症をトキソカラ症といいます。

回虫症

原因

回虫が感染することで起こる病気です。回虫に感染したネコちゃんの糞便中に排出される回虫卵を口から摂取することで感染します。また、ネコちゃんがそれらを口にしたネズミや鳥などを食べることによって感染することもあります。その他、母子感染としては乳汁を介しての子猫への感染もあります(経乳感染)。

症状

大人のネコちゃんでは、幼虫のまま全身の諸臓器で発育せず休眠状態になっている場合や、小腸に成虫が感染している場合でも無症状なことが多く、感染に気付かないことが多いのですが、子猫ちゃんの場合には、嘔吐や下痢などの消化器症状、太鼓腹、脱水、被毛不良、栄養失調、体重低下などの症状を起こします。

治療

駆虫薬を投与します。その他に下痢や嘔吐をしている場合は下痢止めや吐き気止めの投与、脱水している場合は点滴などの対症療法も行います。多頭飼いの場合には他のネコちゃんも感染している可能性があるため、すべてのネコちゃんに駆虫薬を投与することが大切です。

予防

定期的に検便を行い、早期発見・早期治療を心がけましょう。また、回虫に感染しているネコちゃんの糞便中に排出された虫卵は、時間がたつと感染力が備わるため、糞便はすみやかに処理することが重要です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する