コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

猫汎白血球減少症〈猫伝染性腸炎)

猫汎白血球減少症〈猫伝染性腸炎)とは

猫汎白血球減少症は感染力が強く、子猫が感染し発症した場合に重篤となることが多いので注意が必要です。

原因

猫パルボウィルスに感染することで起こる病気です。このウィルスに感染しているネコちゃんの糞便などに含まれる猫パルボウィルスを口から摂取することで感染します。このウィルスは、他のウィルスと異なり感染力や消毒薬や乾燥に対する抵抗性が強く、外の環境下でも数ヶ月以上にわたって生き続けることが知られているので注意が必要です。

症状

感染すると、数日の潜伏期間の後、急激な白血球減少がみられ、発熱や元気消失、食欲不振、下痢(茶色-血様)、嘔吐、脱水などを起こし、重篤になると死に至る場合もあります。

治療

下痢をしている場合は下痢止めの投与、脱水時には点滴による輸液を行います。その他、様々な症状に応じて抗生物質やインターフェロン等の投与など対症療法をします。また、飼育管理を良好にし、食事療法を行い、ネコちゃん自身の免疫力が高まるのを待ちます。

予防

ワクチン接種で防げる病気です。ワクチン接種を受ける際には、接種時期や種類などについてかかりつけの動物病院にご相談ください。猫汎白血球減少症に感染しているネコちゃんがいる場合は、感染の蔓延を防ぐために感染しているネコちゃんを隔離し、環境(ケージや食器など)の消毒を行なうことが重要です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する