コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

ヘモバルトネラ症

ヘモバルトネラ症とは

ヘモバルトネラ症は、猫伝染性貧血とも言われ、ヘモバルトネラ・フェリスという病原体がネコちゃんの赤血球を破壊することによって貧血が起こる病気です。

原因

ヘモバルトネラ症は、ヘモバルトネラ・フェリスというリケッチア(ウィルスより大きく細菌より小さい病原体)が赤血球に寄生することで発症します。このヘモバルトネラは、ダニやノミが媒介となりネコちゃんからネコちゃんへと伝染するといわれています。
また発症には、猫白血病ウィルス(FeLV)感染症や猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症などに感染し免疫力が低下することによって引き起こされるケースもあります。

症状

赤血球が破壊されるため貧血・黄疸・食欲低下や元気消失の症状が見られます。貧血の結果、歯肉や口中の粘膜が白くなり、呼吸が荒くなったりします。

治療

一般的にテトラサイクリン系の抗生物質で治療します。重い貧血が見られるときには、状態に応じて点滴や輸血を行います。
しかし症状が改善されても、ヘモバルトネラ・フェリスを完全に死滅させることは難しく、感染したネコちゃんは慢性的なキャリアになってしまい、免疫力が低下したときに再発することがあります。

予防

ノミ・ダニの感染を防ぐことが、ヘモバルトネラ症の予防につながります。定期的に予防薬を投与することや、外の環境にネコちゃんを出さないことが重要です。また、発症を予防するためにワクチン接種等によって猫白血病ウィルス(FeLV)感染症、猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症などの予防をすることも大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する