コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症とは

皮膚に真菌(カビ)が感染し、皮膚炎を起こす病気です。特に免疫力が低い状態のどうぶつや幼齢どうぶつに感染しやすい傾向があります。その脱毛の様子が円形に拡がっていくことから、「リングワーム」とも呼ばれます。

感染どうぶつ

イヌ、ネコ、ウサギ、フェレットなど

原因

うさぎさんに感染する真菌には犬小胞子菌と毛瘡白癬菌があります。
通常は感染して症状が出ることはまれですが、幼齢であったり、不衛生な飼育環境などでは免疫力が低下している場合などには感染し易くなります。また、皮膚糸状菌は、ヒト、ワンちゃん、ネコちゃんにも感染する人獣共通感染症ですので、皮膚糸状菌を持つどうぶつと接触したり、その毛に触れたりすることにより感染します。

病原体

皮膚糸状菌(Microsporum, Trichophyton, Edidermophyon spp.)

感染経路

感染したどうぶつとの接触、菌が付着した物質との接触によって感染します。

症状

ヒト・・・
どうぶつの症状と似て多様です。皮膚に円形・不整形の白っぽい輪ができたり、小さい水泡や赤み・脱毛・痒みなどを伴います。
どうぶつ・・・
無症状で保菌している場合もありますが、脱毛や表皮の剥離・皮膚炎、また、皮膚が厚くなったりするなどの多様な症状がみられます。

治療

抗真菌剤の塗布や内服、薬浴。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する