コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

好酸球性肉芽腫症候群

好酸球性肉芽腫症候群とは

ネコちゃんの皮膚に肉芽腫という炎症性のしこりができる病気です。しこりの他に皮膚に脱毛や痒みもおこることがあります。病変部分からは白血球の一種である好酸球が多数見られるのが特徴です。

原因

この病気が発生するはっきりとした原因は分かっていません。アレルギーや感染症などと関与があるといわれており、免疫機能の異常によって引き起こされていると考えられています。また、ストレスも発症のひとつの引き金になっている可能性があるといわれています。

症状

唇や口の中、下腹部やももの内側などの皮膚が盛り上がり、しこり(肉芽腫または潰瘍といいます)ができます。その部分に脱毛などの症状がみられ、激しい痒みを伴うことが多く、ネコちゃんはしきりにその部分を引っかいたり噛んだりします。

治療

原因がはっきりとわからないため、治療が難しい病気です。ノミやアレルギーが原因となっている可能性もあり、その場合ノミの駆除やアレルギーの治療を行ないます。炎症や痒みを抑える目的で、副腎皮質ホルモン剤を投与することがあります。

予防

好酸球性肉芽腫症候群の発症を予防することは難しいですが、普段からネコちゃんとスキンシップを行い、早期発見を心がけましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する