コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

リンパ腫

リンパ腫とは

リンパ腫は血液中にある白血球の一つであるリンパ球が癌化する血液の癌の一種です。病変の位置により「多中心型リンパ腫」「消化器型リンパ腫」「縦隔型リンパ腫」「皮膚リンパ腫」などに分けられていますが、中でもネコちゃんにおけるリンパ腫の発症は、若いネコちゃんに発生が多い「縦隔型リンパ腫」と老齢のネコちゃんに多い「消化器型リンパ腫」が主となります。

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、発症の一要因として猫白血病ウィルス(FeLV)の感染があるといわれています。その他、免疫力の低下やストレス、遺伝等様々な要因が重なり発症するといわれています。

症状

「消化器型リンパ腫」では、多くの場合腸管に腫瘍が出来るため下痢や嘔吐などの消化器症状がみられます。また、「縦隔型リンパ腫」では胸の中に腫瘍が出来るため、胸水がたまることも多く、咳や呼吸困難などの呼吸器症状がみられるのが一般的です。その他、「多中心型リンパ腫」では顎、脇の下、内股、膝の裏側などの体表リンパ節が腫れる症状、「皮膚型リンパ腫」には皮膚に湿疹や脱毛などの症状がみられます。リンパ腫は重度になると上記のような症状以外にも、免疫不全、食欲不振、削痩(ガリガリにやせている状態)など様々な症状を引き起こします。

治療

一般的にリンパ腫の治療は抗がん剤の投与となります。しかしながら、種類にもよりますが、抗がん剤には嘔吐や下痢、食欲不振、血球の減少などの副作用があります。
このような副作用を伴うため、抗がん剤の治療を行うかどうか、またどの抗がん剤を用いるかについては慎重に判断する必要があります。がんの進行状態によっては治療や延命への効果も異なりますし、抗がん剤の治療費は高額になる場合もありますので、かかりつけの先生とよく相談してから治療にのぞむことが重要です。

予防

発症原因がはっきりわからないので、発症自体を予防することは困難です。また、猫白血病ウィルス(FeLV)の感染がリンパ腫の発症要因といわれているので、若い頃からワクチン接種を受け、感染を防ぐことが大切です。また、感染したネコちゃんとの接触を防ぐため、室内飼いを徹するなど猫白血病ウィルス(FeLV)の感染の機会をなくすことも重要です。
早期発見により、癌が進行する前に治療が可能となりますので、上記の症状がみられたら早めにかかりつけの動物病院で診察を受けましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する