コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

貧血

貧血とは

貧血とは血液中にある赤血球数や赤血球の中にあるヘモグロビンという色素の数が正常範囲以下になることをいいます。赤血球中のヘモグロビンは、血液中で体の各組織に酸素を運搬する役割を担うため、貧血を起こすと様々な症状がおこります。

原因

貧血の原因には次のようなものが挙げられます。

1.赤血球の生産が何らかの原因で阻害される場合
非再生性貧血と呼ばれ、赤血球を生産している骨髄が何らかの原因で生産を抑制されているため起こります。

2.赤血球の破壊が何らかの原因で進行している場合
溶血性貧血とも呼ばれ、免疫疾患や中毒などが原因となり、通常より速いスピードで赤血球が破壊されるため起こります。

3.血管から赤血球が失われている場合
失血性貧血とも呼ばれ、血管外に血液がもれ出ることにより赤血球が減少します。外傷などで皮膚から体外へ出血したり、胃腸炎や腫瘍などで組織が損傷し、体内へ出血している場合に起こります。
猫白血病ウィルス(FeLV)感染症や猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症、悪性腫瘍などが原因となり、上記の病態が引き起こされ貧血が見られることも多くあります。

症状

赤血球は酸素を運搬する役割を担うため、貧血がおこると体の各組織に酸素の運搬ができなくなり、様々な症状が起こります。
食欲不振や元気喪失、疲れやすくなり動くと息切れをするなどの症状、結膜や口腔粘膜が白っぽく退色するなどの症状がみられ、重症の場合はショックを起こし、意識がなくなり失神を起こすことがあります。

治療

貧血を起こしている原因を追究し、その原因に対する治療を行います。貧血が重度の場合は輸血などをおこなうこともあります。

予防

ネギ類やニラ、にんにくなどはネコちゃんに中毒を起こし、溶血性貧血を起こすことで知られています。ネコちゃんが口にしないように気をつけましょう。ネギ類を煮込んだ煮汁なども同様なので注意が必要です。また、血尿や血便などの症状や、その他上記のような症状がみられる場合、早期治療が重要となります。治療が遅れると重症になることもあるため、早めにかかりつけの先生に相談してください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する