コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

尿毒症

尿毒症とは

腎臓は、ネコちゃんの体の中で不要になった老廃物や毒素を尿の中に排出を行っている臓器ですが、この腎臓が障害を受けて十分に機能しなくなると、老廃物や毒素が体内に蓄積し、様々な障害を生じます。この状態を尿毒症といいます。

原因

尿毒症は腎機能が障害され、有害な物質が体内に蓄積することで起こります。腎機能障害には、細菌や猫伝染性腹膜炎(FIP)等のウイルスの感染による腎炎や外傷・薬物などによる中毒、心不全やショックなどによる腎血流量の低下、免疫疾患などによる腎炎、尿路結石症などによる尿路の閉塞などさまざまな原因があげられます。

症状

食欲不振や嘔吐、下痢、元気消失、体重減少、口臭などの症状があらわれ、重症になると、意識の混濁や痙攣などの神経障害が起き、死に至ることもあります。

治療

尿毒症の治療では、体内に蓄積した老廃物を尿と一緒に除去することが主体となります。
その方法としては、点滴(静脈点滴や皮下点滴など)や利尿剤の投与により尿量を増やすことや、腹膜透析などを行うことで、老廃物の排出を促します。
また、腎障害の原因となっている疾患がある場合はその治療も同時に行います。

予防

尿毒症を引き起こす腎障害の原因となる疾患の早期発見、早期治療が重要となります。定期的な血液検査や尿検査などの健康診断を受けることも大切です。腎障害を起こすと、多飲多尿の症状を示すことが多く、尿路結石などによる尿道閉塞では排尿障害が起こることから、ご自宅では、ネコちゃんの飲水量・排尿の状態のチェックをこまめに行ないましょう。上記のような症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する