コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

疥癬

疥癬とは

皮膚疥癬症は、ヒゼンダニというダニによって起こる皮膚病です。このヒゼンダニは皮膚にトンネルを作って寄生するため、激しい痒みや皮膚炎を起こします。伝染性がとても強く、すでに感染したどうぶつとの接触やブラシやタオルの共有により感染します。感染したネコちゃんを抱っこすることなどで、人にも一時的ではありますが感染する人獣共通伝染病であり、感染すると腕などに発疹ができて強い痒みの症状がみられる場合があります。特に抵抗力の弱いヒトが感染すると、症状が重くなるため注意が必要です。

原因

ネコちゃんの疥癬は、主にヒゼンダニ類のネコショウセンコウヒゼンダニというダニが寄生することで起こります。まれではありますが、ワンちゃんの疥癬の原因であるイヌセンコウヒゼンダニが感染する場合もあります。すでに感染しているどうぶつとの接触によって感染します。多頭飼育の場合にはブラシやタオルを共有することで、それを介して感染する場合もあります。

症状

ネコちゃんの疥癬のほとんどが、耳への感染から始まり、顔、頭部へと広がります。若齢などの抵抗力が弱いネコちゃんの場合には全身に感染する場合もあります。皮膚炎をおこして硬くなり、ふけや発疹が見られ、激しいかゆみを伴います。爪で病変部を掻きむしるため出血したり化膿してしまうことがあります。

治療

内服薬や注射薬などの殺ダニ剤を投与して治療します。鳥さんが毛づくろいなどで直接口にすることのない頭部などには殺ダニ剤を直接塗布することもあります。
くちばしが重度に変形した場合には、定期的に整形する必要があります。
また、同居の鳥さんがいる場合には、症状が認められない場合でも後日発症したり、感染源となってしまうこともありますので、一緒に受診し、同時に治療をすることが大切です。

予防

ヒゼンダニに感染しているどうぶつとの接触を避けることが予防となります。また、日ごろから飼育環境を清潔に整えるように心がけましょう。多頭飼育のネコちゃんは、一頭が感染すると、すぐに他のネコちゃんに広がる可能性がありますので、特に注意が必要です。また野良ネコちゃんとの接触により感染する可能性がありますので、室内飼いを徹底し、網戸越しであっても、外のネコちゃんとの接触がないように注意しましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する