コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

日光過敏症

日光過敏症とは

強い紫外線にあたることによって皮膚炎になる病気で、高齢の白いネコちゃんがなりやすい傾向があるといわれています。慢性化すると、まれにがん化することもあるので注意が必要です。

原因

日光に含まれる紫外線が原因と考えられていますが、詳しい発症のしくみは分かっていません。毛の白いネコちゃんや遺伝的にメラニン色素が少ないネコちゃんに多く見られます。

症状

頭部、特に毛の少ない耳や目、口の周りに皮膚炎がおき、脱毛や皮膚の赤みの症状が現れ、進行するとただれたり潰瘍ができます。そのまま放置することでまれに扁平上皮癌に進行することがあります。

治療

皮膚の症状によって抗炎症剤や抗生剤などを投与します。症状が進行してがん化の疑いがある場合には、できるだけ早い段階での病変部の外科的切除します。日常では、紫外線を避ける生活が必要になります。

予防

できるだけ紫外線を避けます。特に紫外線の強い春先から秋口にかけて、できるだけ室内や日陰での生活がよいでしょう。また、ネコちゃんがお外に出る場合には、紫外線があたりやすい耳先や鼻先にUVカットやサンスクリーンを使う方法もあります。その場合には先生の指示に従って使うようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する