コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

胆管肝炎

胆管肝炎とは

肝臓の細胞で作られた胆汁は胆管を経て胆嚢、そして腸管に送られ、食べ物を消化する役割を担っています。胆管肝炎とは、ネコちゃんの肝臓や胆管に炎症が起きる病気です。胆管は、肝臓とつながっているため、肝臓もしくは胆管どちらかが炎症を起こすと、しばしばもう片方も炎症を起こします。

原因

炎症の原因によって、次の2種類に分類されます。
・化膿性胆管肝炎・・・・肝臓や胆管に細菌が感染することが原因となり、炎症が起こります。
・非化膿性胆管肝炎・・・何らかの原因で免疫細胞(リンパ球や形質細胞)が過剰に反応することが原因で、胆管や肝臓に炎症が起こります。

症状

食欲不振、元気消失、発熱などが見られ、病状が進むと嘔吐や黄疸(眼や皮膚、口の中の粘膜が黄色くなる)が見られます。食欲不振か数日続くと、ネコちゃんは脂肪肝を発症する場合があり、さらに病状が悪化します。

治療

多くの場合点滴治療を行ない、併せて抗生物質や消炎剤、利胆剤や強肝剤等の投薬を行ないます。炎症やその他なんらかの原因によって胆管が閉塞している場合には、手術によって胆管閉塞の治療を行う場合もあります。

予防

胆管肝炎には特定の症状が無く、気づいたときにはすでに病気が進行していることも多いので、ネコちゃんは中齢期頃から血液検査などの健康診断を受け、早期発見を心がけましょう。また、肥満にならないようネコちゃんの食生活を管理することも予防へとつながります。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する