コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

肝リピドーシス

肝リピドーシスとは

肝リピドーシス(脂肪肝)は肝臓に過剰な脂肪がたまるために肝臓が正常に機能しなくなる病気で、太ったネコちゃんで多くみられる病気です。

原因

肝リピドーシスは、栄養障害や脂質の代謝異常、ホルモン異常、ストレスなどが引き金となって起こるといわれていますがはっきりとした原因は不明なケースがほとんどです。過剰な脂肪が肝臓に蓄積され、肝臓の組織が脂肪に置き換わることで引き起こされるといわれてます。特に太ったネコちゃんでは、数日、食欲不振が続き、たんぱく質が不足した状態になると、体の中の脂肪代謝が阻害され、それが引き金となって脂肪肝を発症することが多いので注意が必要です。

症状

元気消失や食欲低下、嘔吐などがみられ、また寝ている時間が多くなります。病状が進むと、黄疸(眼の結膜や口の中の粘膜が黄色くなる症状)が見られ、よだれや意識障害を起こすこともあります。

治療

点滴治療を行ないます。また、ネコちゃんの食欲がない場合には、さらに症状が悪化してしまうため、栄養補給が併せて必要になり、胃や食道にチューブを設置し、強制的に高たんぱくの流動食を与えます。肝リピドーシスの原因が特定できる場合にはその治療も行ないます。

予防

肝リピドーシスは、特に太ったネコちゃんに多く発生する病気のため、日ごろから食生活に注意し、肥満予防を心がけましょう。また、特定の症状が無く、気づいたときにはすでに病気が進行していることが多いので、中齢期頃から血液検査などの健康診断を受けるようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する