コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

アルファ(α)リポ酸中毒

アルファ(α)リポ酸中毒とは

人のダイエット用サプリメントなどに含まれているアルファ(α)リポ酸はチオクト酸とも呼ばれる脂肪酸ですが、ネコちゃんが摂取すると一錠でも死に至る重篤な症状を起こすことがありますので厳重な注意が必要です。

原因

細胞のミトコンドリア内で、生体のエネルギー生産に関わる補酵素として働くアルファ(α)リポ酸は医薬品として使われていましたが、強力な抗酸化物質でもあるので、2004年より日本でもサプリメントとして認可されています。 そのため私たちの生活の中でも身近なものとなっています。また、ネコちゃんは通常は普段食べていないものには見向きもしないことが多いのですが、このサプリメントは好んで食べようとする傾向があるようです。
ネコちゃんがこのアルファ(α)リポ酸を摂取してしまうと、強い肝細胞毒性があらわれてしまいます。1錠誤食しただけでも、中毒を起こすリスクが高く、死亡例も報告されています。

症状

流延(よだれ)、元気消失、嘔吐、運動失調、食欲不振がみられます。
意識消失、痙攣発作が起こり、重篤な状況に陥ることもあります。

治療

摂取してから1時間以内程度であれば、催吐処置が有効です。すぐに動物病院さんに連絡をして指示を仰ぎましょう。その時、お手元にあればサプリメントの成分や量が記載された容器や説明書をお持ちにいただくとよろしいでしょう。胃洗浄も含め、成分の吸収前の対処が重要です。このほか、輸液処置や肝臓の保護のための措置、血圧の維持、低血糖症のコントロールも重要です。

予防

飼い主さんがサプリメントを服用した後に出したままにせず、必ずネコちゃんの目に触れることのない場所に保管するようにしましょう。ネコちゃんは高いところに登ったり、扉を器用に開けたりすることが上手ですので注意が必要です。
また、日頃から、万が一のときのために、夜間・時間外などにも対応してもらえるような動物病院さんを探しておくと、緊急時にも安心です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する