コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

ウィルス性呼吸器感染症

ウィルス性呼吸器感染症とは

呼吸器にウィルスが感染することによって咳や鼻汁などの風邪のような症状をもたらす病気で、俗称として猫風邪と呼ばれることがあります。代表的なウィルス性呼吸器感染症として「猫伝染性鼻気管炎」と「ネコカリシウィルス感染症」が挙げられます

原因

「猫伝染性鼻気管炎」は猫ヘルペスウィルスが原因菌となり、「猫カリシウィルス感染症」は猫カリシウィルスが原因菌となって引き起こされます。これらのウィルスに感染しているネコちゃんとの接触や空気感染によって感染し、 2 日から10 日程の潜伏期を経て発症します。これらの呼吸器感染症は単独ではなく、同時にクラミジアなどの細菌による感染症を併発していることも多く、その場合、症状からそれらの感染症を区別することは難しいです。
一度感染してしまうと、回復後もウィルスが神経細胞などに潜んでいるため、そのネコちゃんはキャリアとなり、ストレスがかかったり免疫力が低下した時に再発することがあります。

症状

鼻汁やくしゃみ、鼻づまりなどの鼻炎症状や、発熱や食欲不振等ヒトの風邪に近い症状がみられます。病状が悪化すると、肺炎にまで波及する場合があります。また、結膜炎が見られたり舌や口の粘膜がただれて口内炎や舌炎が同時に見られたりすることもあります。
症状が軽い場合では数日で回復が見られますが、重症でなおかつ子ネコちゃんの場合には、高熱や食欲不振のため命に関わることもあります。

治療

猫ヘルペスウィルスや猫カリシウィルス等ウィルスを直接排除する治療は無いため、症状に応じて抗生物質やインターフェロン等の投与など対症療法をします。また、飼育管理を良好にし、食事療法を行い、ネコちゃん自身の免疫力が高まるのを待ちます。

予防

ワクチン接種で防げる病気です。ワクチン接種を受ける際には、接種時期や種類などについてかかりつけの動物病院にご相談ください。また、感染したネコちゃんに接触させないことが重要です。外に出すと感染の機会が増えるため、ネコちゃんを外の環境に出さないことが重要です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する