コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

鉤虫症(こうちゅうしょう)

鉤虫症(こうちゅうしょう)とは

鉤虫症(こうちゅうしょう)は猫鉤虫という 1 - 2 cmの白い寄生虫がネコちゃんの小腸に寄生することによって起こる病気です。猫鉤虫はネコちゃんの小腸で吸血するので、寄生されたネコちゃんは貧血を起こすことがあります。

原因

猫鉤虫がネコちゃんの小腸に寄生することによっておこります。
猫鉤虫に感染したネコちゃんは便中に卵を排泄し、その卵がネコちゃんの口に入ることによって感染します。また、環境中にいる鉤虫の幼虫がネコちゃんの皮膚に侵入して感染する場合もあります。この他、お母さんの乳汁や胎盤を介して感染する母子感染することもあります。

症状

鉤虫の感染により下痢・血便を起こします。また、ネコちゃんの小腸で吸血を行うため、数多くの寄生を受けた場合は貧血を起こすこともあります。

治療

駆虫薬を投与します。貧血や腸炎などを起こしている場合には、その症状にあった対処療法も併せて行います。

予防

定期的に検便を行い、早期発見、早期治療を心がけましょう。感染したネコちゃんの便の取り扱いには十分に注意することが重要です。鉤虫はヒトへ感染することもありますので、感染したネコちゃんと触れ合った後には、消毒をきちんと行なう等、十分注意して生活をしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する