コメントを書く・読む

  • (50音で調べる)

網膜萎縮

網膜萎縮とは

眼の奥(眼底)にある光を感じる細胞が集まっている網膜が、変性して薄くなった状態を網膜萎縮といいます。症状が進行すると、失明する可能性もある病気です。

原因

原因には遺伝的要因が関与している「先天性」と「後天性」があります。ネコちゃんでは先天的な網膜萎縮はまれでペルシャ猫とアビシニアンでわずかに報告があるります。大半が栄養性欠乏やタウリン欠乏による後天的な原因によって引き起こされます。例えば、ネコちゃんにワンちゃん用のフードを与え続けると、タウリンが欠乏してしまい、その結果網膜全体が萎縮してしまうことがあります。

症状

初期には視力障害は起こらないため、気づかないことが多いです。しかし進行とともに症状が悪化し、夜間のみの視力障害から昼夜問わず視力障害が見られるようになり、末期になると視力が失われてしまうこともあります。また、末期になると瞳孔が散大し、光に反応しなくなります。

治療

現在のところ、網膜萎縮に有効な治療法はありません。
バランスの崩れた食事によって生じたタウリン欠乏症では、初期の段階であればタウリンの補給によって進行を止めることは可能ですが、一般的にすでに変性してしまった網膜を治すことはできません。

予防

ネコちゃんの日常の行動チェックとともに、バランスのとれた食事を心がけ、ネコちゃんの普段の食事にドッグフードなどは与えないようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する